大規模修繕や住宅物件のリフォーム〜心地よい住まいに改善〜

作業員

喜んでもらえる内装

案内

入居者に良いと思ってもらえる内装にするためには浴室などもリフォームしておくことが大切です。
浴室とは、シャワーや浴槽が設置されており、体の汚れを落とすことができる空間です。また、温かいお湯に浸かることでリラクゼーション効果もあります。健康や美容を保つためには毎日浴槽に浸かる必要があります。しかし、浴室の設備に不具合があることで、快適な空間ではなくなってしまいます。そのため、不具合があればリフォーム工事を行う必要があるでしょう。
浴室を快適にするための機能として、ミストサウナやジェットバスというものが存在します。ミストサウナというのは、温かい霧が噴出して、浴室全体を湿度の高い状態にすることが出来ます。一般的なサウナと比べて低温なので、体に負担がかかりません。また、湿度が高いということで、髪や肌に潤いを与えます。ただ、ミストサウナを浴室に取り入れる際には、湿気が構造部分に染み込まないように防水塗装を行う必要があります。ジェットバスというのは、浴槽の中にジェット噴射をする機能が取り付けられています。泡が体に吹きつけられることで、体の血行をよくし、硬くなった筋肉を解すことが出来ます。通常の入浴に比べて体を暖める効果も高いです。ジェットバスを取り入れる場合には、現在の浴槽のタイプを把握しておく必要があります。浴槽が埋込み式、置型式によって工事方法が変わってきます。
快適な浴室を保つためには、手入れが必要です。浴室というのはキッチンと同様、水を扱う空間です。そのため、水垢やカビが発生しないように日頃からこまめな掃除を行うようにしましょう。毎日こまめにそうじをすることで、汚れの程度が低いので手入れをしやすいですし、気分的にも楽になります。そのため、入居者にも喜んでもらえるでしょう。