大規模修繕や住宅物件のリフォーム〜心地よい住まいに改善〜

ビル

マンションの修繕工事

ビル

大規模修繕とは、マンションの大規模な修繕工事のことです。経年劣化したマンションに対して行われます。建物の美観向上のために行われることもありますが、基本的には建物の傷みを修繕することが目的となります。また、設備などをグレードアップさせるために行われることもあります。基本的に、マンションにおける大規模修繕では、主に外壁補修工事や給排水設備工事、屋上防水工事などが行われます。

マンションを購入する場合には、修繕積立金を払う必要があります。購入時に払うのに加え、毎月数千円から数万円程度の修繕積立金が必要になります。その金額については建物の規模や築年数によって変動します。同じマンションでも、築年数が増えるにあたって修繕積立金の額も増えていくこともあるのです。修繕積立金とは、マンションの大規模修繕のための積立金です。マンションの大規模修繕となると莫大な費用がかかります。ですから、その時のために住人若しくはオーナーが積立金をしておく必要があるのです。基本的にマンションの購入者、オーナーが払う金額ですから、賃貸で入居している場合には払う必要がないことが一般的です。

マンションの大規模修繕は、一般的に10年から15年間隔で行うことが推奨されています。ただし、傷み具合によってはこれより短くなることもありますし、長くなる場合もあります。大規模修繕が必要なのかどうかという判断は、素人ではなく建物診断士などの専門家に依頼することが多いです。修繕自体は10年間隔でも、定期健診として毎年建物診断を行っているマンションもあります。

専門業者に依頼をする

作業員

神奈川で大規模修繕を行なう場合、専門業者に依頼をする必要があります。特に築年数が古いものに関しては積極的に行ない、住んでいる人達の安全を守る必要があるといえるでしょう。

View Detail

喜んでもらえる内装

案内

入居者のことを考えてリフォームすることが大切です。毎日使う浴室などはとても大切です。快適な設備がいろいろあるので知っておきましょう。喜んでもらえる内装にすることが大切です。

View Detail

内装工事をする

風景

内装というのは、建物室内の装飾や設備のことを指します。また、家具や照明器具のことも含まれます。内装によって、生活の快適さが左右されます。こういった工事を行なっておけば入居者が増えるでしょう。

View Detail